手帳術は、仕事とプライベートで使い分ける

 お店に来年の手帳が並び始めました。

 私はレイメイ藤井のシステム手帳(A5サイズ)を使っています。

 

 スマートホンはありますが、スマートホンでは手帳の代わりになりません。だからこそ手帳が店頭にたくさん並ぶのです。

 

  私は社会人になって手帳を使ってきました。毎年すこしづつ手帳の使い方を見直しています。今年も手帳の見直しのため使い方を振り返っておこうと思います。

 

手帳を使って得すること

  手帳の機能は大まかに次の3つです。

  1. スケジュール管理
  2. TODO管理
  3. メモの記録

仕事とプライベートではこれらの使い方が大きく異なることに最近気づきました。

 

職場での手帳の使い方

スケジュール管理

 私はスケジュールを職場の仲間に見えるように電子的に公開しています。打ち合わせの設定などで、この時間空いている?と聞かれるのが面倒だからです。また、設定した打ち合わせは電子的に追加してもらっています。

 そのため、紙ではスケジュール管理しておらず、電子的にスケジュール管理をしています。

 

TODO管理

 TODO管理は紙の手帳で行っています。

 やるべき項目を箇条書きにしていき、やり終わったら二重線で消しています。簡単でしょ?

 しばらくすると、消せない項目が残ってきます。これは難しいか、他人の協力が必要か、段取りのいる項目です。こういう項目が残ってきたら、一度時間を取って複数の小さなTODOに分解していきます。分解したTODOは、締め切りとともにスケジュールに転記します。

 つまり、簡単にできるTODOは紙でシンプルに管理し、難しいものは電子的な管理に移行しています。

 

メモの記録

 メモは紙に記しています。  

 紙は後で検索できないから敬遠する人がいますが、私は検索したら負けだと思っています。新しい情報はどんどんやってきますので、情報を貯めると後が苦しくなります。情報をメモするのは、情報を整理するためです。5W1HやSo What?のフレームワークを使ってメモすることで情報を整理しています。

 情報は貯めるのではなくフローで形式知にしていきます。

 

プライベートでの手帳の使い方

 プライベートでの手帳を使う目的は、職場でのそれで随分違います。

スケジュール管理

 友人と約束したことはもちろんスケジュール帳に記入しますが、それだけではなく、見たい映画の公開日・展覧会の公開スケジュール・イベントの日程など、少しでも興味を持ったものの予定を鉛筆でスケジュール帳に書いています。

 こうすることで二つの得することがあります。

  • 次に何をして遊ぼうか具体的に考えることができて、楽しい。
    私は、手帳を開いて次は何をしようかと考えています。仕事が忙しいとプライベートでの遊びを考えるのを忘れてしまうことがあります。手帳を眺めながら次何をしようと考えるのはとても楽しいです。
  • 時間が空いたときに遊びに行きやすい。土日に暇にしていることが少なくなります。
    暇な日にスマホでネット検索していく場所を探すのは、時間効率が悪いのでしません。ネット検索って時間がかかるんですよね。

TODO管理

 なんとなくやってみたいことをリストに書き出しています。

 テレビで温泉紹介していたら温泉の名前を書き出し、美味しいレストランを見つけたらその名前を書き出しています。プライベートですからやらなければいけないことなど何もありません。やりたいことを書き並べています。

 このように書き出していると、新しい場所にどんどん行くことができて、飽きることがありません。

メモの記録

 本や映画のなかでみつけたカッコイイ表現を書き留めています。

 例えば、カメライベントFujikinaで内田ユキオさんが言っていたのは、"What I talk about E3 When I talk about E3"。なかなかカッコイイ言い方でしょう? こういうカッコイイ言い方を集めていると、見返したときに結構楽しいです。

delight.hatenablog.com

 またinstagramでカッコいい写真を見つけたときに、どんな構図でどこをカッコイイと思ったかメモを書いています。これも、後で見返すと楽しい。

 

まとめ

 私は、仕事とプライベートで手帳を使う目的が違う。

 職場では、仕事を効率的に行うために、手帳を使い。プライベートでは楽しむために手帳を使う。

 プライベートの楽しむためには、紙のシステム手帳がしっくりきている。