バラ リベルラ 2018年の記録

 昨年、F&Gローズのリベルラを見てつい買ってしまった。

 そのリベルラの2018年の記録を記していきます。

kota.hatenablog.com

 

2018年4月7日

 早いものでリベルラも冬剪定から芽を伸ばし、花芽も出しています。このまま咲かせてもいいのですが、下の理由で枝をピンチ(切り取り)ました。

  • 強い枝が一本出てきて樹形が乱れてきたこと
  • 花芽を一度摘むことで、株が充実すること

f:id:kota2009:20180407082108j:plain

枝をピンチして、花芽を摘むとともに樹形を整えたリベルラ

f:id:kota2009:20180407082118j:plain

摘んだ枝

 花芽を摘んだので、花が咲くのは2週間くらい遅れて5月中旬になると思います。その分株が充実させる作戦。

 

2018年5月13日

f:id:kota2009:20180513101929j:plain

咲き始めた リベルラ

 リベルラが咲き始めました。ひらひらの花びらがなんとも優雅です。紫がかったピンク色も上品。この花は一目ぼれで買っただけあって、心を打ちます。

 

f:id:kota2009:20180513101917j:plain

ソフトピンチでより強くなったリベルラ

 春に、伸びた枝をソフトピンチで折っておいたため、花が咲くのは2週間ほど遅れましたが、株は強くなりました。強いシュートが二本伸びてきました。今後の花も楽しみです。

 

2018年5月19日 

f:id:kota2009:20180519083444j:plain

咲き始めまたリベルラ

リベルラがどんどん花を開かせています。ひらひらの花びらが優雅で好きなんです。

 

2018年5月26日

f:id:kota2009:20180526153623j:plain

次々と蕾が開くリベルラ

 

 蕾をたくさんつけたリベルラは、次々と花が開いていきます。

 

2018年6月2日

f:id:kota2009:20180602082720j:plain

房咲きのリベルラ

いよいよリベルラが本格的に咲いてきました。房咲きになり、見ごたえがあります。花びらがヒラヒラになるのもリベルラの特長です。

 

f:id:kota2009:20180602083001j:plain

一枝に15個のつぼみ

花がまだ咲いていない枝も残っています。一枝に15個のつぼみがついています。これが咲くのも楽しみです。
 

2018年6月5日

f:id:kota2009:20180605194003j:plain

リベルラとホーラ

この時期は花が少なくなり、咲いているのはリベルラとホーラだけになりました。一輪づつ摘んで部屋に飾ってみました。写真の左がリベルラ、右がホーラ。

 

2018年6月6日 

f:id:kota2009:20180606191940j:plain

リベルラ2つとホーラ

昨日のリベルラは一日ですっかり開きました(写真左)。写真真ん中の花は、今日摘んだリベルラです。

 

2018年6月8日

f:id:kota2009:20180608091150j:image

リベルラの花芽がついた最後の枝が咲き始めました。リベルラの花も来週で見納めになりそうです。写真の真ん中下の強いピンクは、ホーラ。

 

2018年6月9日

f:id:kota2009:20180608111809j:plain

リベルラの様子

 今の様子を写真に撮りました。一番花の後の剪定を深くしたため花の終わった枝とそうでない枝の高さがバラバラです。

2018年6月10日

f:id:kota2009:20180610080044j:plain

昨日のひどい雨で花が痛み、それらを摘み取った後の様子です。花のつぼみがあと8個。ただ、株がそろそろバテてきています。もったいないけど、摘み取ってしまおうか考え中です。

 

f:id:kota2009:20180610172813j:image

咲いた花は摘んで部屋に飾りました。

 

2018年7月1日

f:id:kota2009:20180701053126j:plain

シュートを出したリベルラ

 今年は観測史上最早で梅雨が明け、すっかり夏です。急に暑くなったこともあり、夏バテ気味のバラもいます。そんな中でリベルラはシュートを出して元気です。今年2本目のシュートです。

 青い花のバラは弱いイメージがありますが、リベルラはそんなことは全くなく丈夫です。病気にもなったことは今のところありません。

 

[rakuten:baranoie:10018177:detail]