バラの薬剤の選び方、ローテーションも考えて

 バラを育てていると、バラが病気にかかって元気をなくすことがありますよね。バラの病気はうどん粉病と黒星病が殆どで、これらを防げば、バラは元気に育っていきます。

 バラの病気を防ぐために、薬剤を散布するのが効果的。でも何を使えばいいのか分かりにくいですよね。私はバラを育てて9年目ですが、最初のうちは色々と試行錯誤しました。だんだんコツが分かってきましたので、今ベストだと思う方法をまとめます。

 ポイントは薬剤のローテーションと、予防薬と治療薬の二つを使うことです。

 

うどん粉病と黒星病

 うどん粉病と黒星病は、カビのような菌により起こります。この菌は土の中にいて、雨が降ったり水やりをしたときに水が土から跳ねるとき、その水に乗ってバラの葉に菌が付着します。

 そして葉の上の菌が菌糸を伸ばして、病気が発症します。

 

薬剤のローテーション

 バラの病気を防ぐために、菌を殺す薬剤(殺菌剤)を散布します。ところが殺菌剤でも死なないで生き残る菌が中にはいます。同じ薬剤を使い続けると、その薬剤で死なない菌(耐性菌)が増えてきて、殺菌剤が利かなくなってきます。

 これを防ぐために殺菌剤のローテーションを行います。つまり、成分の異なる薬剤を複数用意して、順番に使っていくわけです。

 ここで注意があります。商品名が異なる薬剤でも、成分が同じ・あるいは似ているものが結構多いのです。例えば、サブロール、サルバトーレ、トリフミンという3つの薬剤は成分が似ていて、これらを順番に使ってもローテーションをしていることになりません。つまり耐性菌が出てきて、次第に薬剤が利かなくなります。

 

二つの殺菌剤

 実は殺菌剤には2種類あります。発病前の菌を殺す殺菌剤と、発病後の菌を殺す殺菌剤の2種類です。前者を予防薬、後者を治療薬と呼ぶこともあります。この二つの役割を同時に果たす薬剤は今のところありません。そこで、2種類の薬剤を混ぜて使うことになります。

 

薬剤の整理

予防薬(発病前の菌を殺す)

 予防薬として代表的なものをまとめました。ローテーションとしては、A→B→C→Aと順番に使っていけば完璧です。 

分類  系統 薬品名
A 無機銅系 サンボルドー、カスミンボルドー、Zボルドー
B 有機銅系 キノンドー、オキシンドー
C 硫黄系(マンゼブ) ジマンタイゼン、エムダイファー

 

治療薬(発病後の菌を殺す)

 治療薬として代表的なものをまとめました。ローテーションとしては、ア→イ→ウ→アと順番に使っていけば完璧です。

分類  系統 時期
アニリノピリミジン系 ピリカット
EBI系 サブロール、サルバトーレ、トリフミン
ベンゾイミダゾール系 トップジンM、ベンレート

 

 

 実践的な薬剤ローテーション

  私の薬剤の使い方を具体的に書いてみます

 3月に、予防薬だけを撒きます。私が使っているのは、サンボルドーです。3月には病気は起こらないのですが、土を殺菌するつもりで撒いています。

 それ以降は、次のように薬剤を撒いています。

 時期 散布する薬剤
4月初旬 サンボルドーとトップジンMを混ぜたもの
5月下旬 エムダイファーとサルバトーレを混ぜたもの
6月上旬 エムダイファーとトップジンMを混ぜたもの
6月下旬 サンボルドーとサルバトーレを混ぜたもの
7月上旬 サンボルドーとトップジンMを混ぜたもの
9月上旬 エムダイファーとサルバトーレを混ぜたもの

 

 8月は気温が高く病気が出ないので薬剤散布は行っていません。また秋以降はバラが成長しないので病気になっても構わず、薬剤散布は行っていません。

 

 こんな状態で薬剤散布していると、病気で困ることはありません。

 

まとめ

 バラの薬剤散布についてまとめました。予防薬と治療薬のそれぞれをローテーションするため4つの薬剤を使っています。使っているのは、サンボルドー、エムダイファー、サルバトーレ、トップジンM。

 病気に困ることなく、バラが元気に育っています。

 

おまけ

 育てているバラが2,3株という方は、スプレー入りの薬剤を使うのが簡単です。以下の二つを交互に使うと良いでしょう。

  •  ベニカXファインスプレー
  • マイローズ殺菌スプレー

 

住友化学園芸 サンボルドー 2g×10 天然成分 殺菌剤

住友化学園芸 サンボルドー 2g×10 天然成分 殺菌剤

 
住友化学園芸 エムダイファー水和剤 2g×10

住友化学園芸 エムダイファー水和剤 2g×10

 
ハイポネックス サルバトーレME 20ml

ハイポネックス サルバトーレME 20ml

 
住友化学園芸 トップジンMゾル 30ml

住友化学園芸 トップジンMゾル 30ml