バラの記録2022年度

バラを育てています。ここに、その育成記録を追記形式で残していきます。

 育てている品種は、ジュビリーセレブレーション、ムンステッドウッド、シャーロットオースチン、シャリファアスマ、あおい、みさき、シェエラザード、ホーラ、リベルラ、パープルレイン、ドンファン、オプティミスト。

 昨年度の記録は、以下の「バラの記録2021年度」に記しています。

kota.hatenablog.com

 

2022年3月9日

 日中気温が15度を超える日が出てき始めすっかり春めいてきました。バラの芽も少しづつ動き始めています。

f:id:kota2009:20220309143951j:plain

芽の動き始めたシェラザード

 

 小山内さんのアドバイス通り、芽薬を今日やりました。芽薬とは動き出した芽に殺菌剤をかけること。バラの病気は早め早めに対策しておくと、結果的に薬剤使用量も減りいいことだらけ。

 使った薬剤はベニカXネクストスプレー。新しい薬で、良く効く。

 

2022年3月15日

 新芽も伸びて葉が開く鉢も出てきた。シェラザード、シャリファアスマ、ジュビリーセレブレーション、ムンステッドウッドは、すっかり葉が開いたので、固形の肥料をあげた。

 そもそも、葉が開く前の春のバラは、根が水を吸っていないため、肥料や活力剤やオルトラン(殺虫剤)などの根から吸収するタイプの世話を行っても効果が無い。水もやらず、ただじっと様子を見ているだけだったが、やっと葉が開いた。

 

2022年4月6日

 桜も散り始め、だんだん暖かくなってきました。バラも葉を広げて、根からどんどん水分を吸える状態です。そこで、オルトランDXをまきました。

 今年はバラの世話にあまり時間をかけられそうにないため、薬品に頼るつもりです。

f:id:kota2009:20220407072417j:plain

今年はいつもより葉が茂るムンステッドウッド

 

2022年4月23日

 つぼみも膨らみ、あと3週間ほどで咲きそうです。

 この時期は、つぼみを狙ってバラゾウムシがやってきます。最近開発されたベニカXガード粒剤は、バラゾウムシにも効くので助かります。

 というわけで、ベニカXガード粒剤をまきました。これで花が咲くまで虫の心配はしなくて良い。

 

2022年4月24日

 黒点病やうどん粉病の予防のため殺菌剤を噴霧しました。

 病気は出てから薬を使うより、出る前から使う方が薬の使用量は少なくて済みます。そのため、病気の出ていないこの時期から殺菌剤を使いました。今回使った薬剤は、サンボルドーとサルバトーレを混ぜたもの。

 

 同じ薬を使い続けると、病気が薬剤に抵抗を持つようになるため、今後、薬はローテーションをしていきます。詳しくは、別記事『バラの消毒薬の選び方、ローテーションも考えて』にまとめました。

 

2022年4月29日 ドンファンが咲いた

 雨の中、ドンファンが咲いていた。私の育てているバラの中で一番最初に咲いた。

最初に咲いたのはドンファン

 

シェエラザードはガクが下りているので、あと1週間くらいでしょうか。

もうすぐ咲きそうなシェエラザード

 

2022年5月6日

 シャリファアスマとシェエラザードが咲いていたので、摘んで部屋に飾りました。シャリファアスマは香りが強く、部屋に入ると良い匂いを感じます。

左:シャリファアスマ、右:シェエラザード

 

2022年5月9日

 シャーロットオースチンが咲きました。

シャーロットオースチンが咲いた

2022年5月13日

リベルラも咲きました。

リベルラが咲いた

 

2022年5月14日

 あおいが咲きました。あおいは、とっても良く咲く花で、花の重さに枝が倒れていきます。

あおいが咲きました

 

2022年9月3日 夏選定

 今年の夏は暑かった。連日の気温35度越えに、バラの世話もさぼりがちに。バラ自身も暑さに負けて細い枝ばかり出ています。あまりに暑いので、今年の夏は肥料をやるのも止めました。

 9月に入って少し涼しくなったので、肥料をやって、夏選定をしました。

 夏選定は、一般には高さを三分の一短くすると言われますが、今年は株が弱っていそうなので、五分の一位の優しい夏選定にしておきました。夏選定が優しいと、花が咲く時期が早くなり、その分、花も小さくなるのですが、まぁ、今年の夏は暑すぎたので仕方ない。

 

2022年9月18日 台風がやってくる

 台風14号がやってきます。大型台風ということで、風も強そう。バラが飛ばないように鉢を移動したり、固定したりします。

 作業中に、みさきの花が咲いているのをみつけました。今年の夏剪定は浅めにしたので、切り忘れの枝があったのでしょう。台風の風で煽られて花が痛むので、あらかじめ切り取っておきます。切った花は部屋に飾っています。

みさき