バラ シャーロットオースチン 2018年の記録

  シャーロットオースチンは、デビッドオースチンの作ったイングリッシュローズの一つです。バラの名前は、デビッドオースチンの孫の名前です。

  本エントリは、シャーロットオースチンの育成記録を記していきます。

 

2018年4月2日

f:id:kota2009:20180401153846j:plain

  花芽が出てきました。日本よりも寒い国のイングランドのバラのせいでしょうか、花芽が出るのが早いです。毎年ゴールデンウィーク後に花は咲くのですが、今年はもう少し早いかもしれません。

 

2018年4月8日

f:id:kota2009:20180408090605j:plain

 ふと見ると、うどん粉病が出ていました。早いなぁ。シャーロットオースチンがうどん粉病になること自体あんまりないことなんだけど、どんなバラであれこの時期にうどん粉病が出ること自体はもっと珍しい。

 

2018年4月21日

f:id:kota2009:20180421084714j:plain

 うどん粉病は少しづつ広がってきました。それほどひどいわけではないのですが、心配です。うどん粉病は新芽や花芽につき成長を阻害するため、花が貧弱になります。

 

2018年4月25日

f:id:kota2009:20180425075203j:plain

 うどん粉病も大した影響なく、花が開いてきました。

 

2018年4月29日

f:id:kota2009:20180429075352j:plain

 シャーロットオースチンが咲きました。花の色は強い黄色というよりはクリームがかった優しい黄色。この色が好きです。

 

 2018年4月30日

f:id:kota2009:20180430085819j:plain

 二つ目の花が咲きました。見事なカップ咲きです。まだまだつぼみがありますので、明日も新しい花が咲くかもしれません。こうして毎日姿を変えるところもシャーロットオースチンの魅力です。

 

2018年5月3日

f:id:kota2009:20180503092022j:plain

ロゼット咲きのシャーロットオースチン

 次々と花をさせてるシャーロットオースチン。最初の花はカップ咲きでしたが、これからの花はロゼット咲きになります。なぜでしょうね。面白いです。

 

f:id:kota2009:20180503093157j:plain

イングリッシュローズ3つ

 咲いていたイングリッシュローズを摘んで部屋に飾りました。左からムンステッドウッド・ジュビリーセレブレーション・シャーロットオースチン。どれも香りが強いので、部屋に飾っているとルームフレグランスのようです。

 

2016年5月10日

f:id:kota2009:20180510061305j:plain

シャーロットオースチンとシェエラザード

 シェエラザードとシャーロットオースチンの組み合わせは、紅白揃ってめでたい感じがします。実際のシャーロットオースチンはシャンパンイエローですが、そこは許容誤差内ということで。
 

 

2018年6月9日

f:id:kota2009:20180608110743j:plain

シャーロットオースチンの様子

 今の様子を写真に撮りました。一番花の後の剪定を深くしたため高さは低めです。